店主の独り言

no image

店主の独り言

人生棒に振るんならフルスウィングでホームラン

2021/10/13  

少し昔のこと。 昼間はカフェ、夕方になるとライブハウス、そして夜にはバーになる。そんな店で僕は働いていた。 ある日のバータイム。 店に細くて背の高い、全身黒い服で身を包んだ男が入ってきた。場所柄ミュー ...

店主の独り言

「あきらめる」ということについての考察。及び「あきらめないことはいいことだ」という表現の排他性とある種の独善性についての雑感。

2021/6/22    

「あきらめないことはいいことだ」
という認識が一般常識レベルで世の中に浸透しているように思うが、ここで、声を大にして私はこう言おうと思う。
「あきらめることはいいことだ」
なぜならみんな、何かをあきらめた人ばかりだから。かくいう私も

店主の独り言 英語学習

フィリピン留学体験記その3 空港へ向かうタクシーでのちょっとした小話

翌日。空港へ向かうためにタクシーへ乗り込んだ。気さくに話しかけてくるドライバーに少し心を開き、色々フィリピンであったこと、思った事など話した。マニラで金を盗られた事など話すとひどく同情してくれて、
「ほとんどのフィリピン人はいい人なんだ、たまにそういう悪い奴もいるけどなー。」
ということを彼は言い、僕は、

店主の独り言 英語学習

フィリピン留学体験記その2 45口径のある光景

文化や人種を超えたコミュニケーションのツールとして、必死で英語を学習してきたが、人類間の最強のコミュニケーションツールはなんだかんだ言ってもお金だということを、僕は今、身をもって学習した。つまるところ、世の中結局金なのだ。

店主の独り言 英語学習

フィリピン留学体験記その1 美人局との死闘の巻

僕らはまるで不細工な社交ダンスを踊るようにして、手を取り合ったままぎこちないステップでゆっくりと90度ほどターンし、通路と二人の肩が平行に並んだあたりで僕は左手の500ペソを出来る限り遠くへ投げた。奴は傘を手放し、飼い主にボールを投げられた犬のようにその金を急いで取りに行った。

© 2022 練習の日々、本番の人生 Powered by AFFINGER5